「先発投手」を再考する

1.常識に囚われないTBレイズ

僕は最近MLBのTBレイズに注目しています。岩村や松井が所属していたチームなのですが、TBレイズは今季どうあがいてもプレーオフに出れません。だけどそのレイズがいま行っている画期的な投手リレーが面白いのです。

普通なら投手リレーは以下のような流れになるかと思います:

先発投手(5~6回)→ 中継ぎ(1~2回)→ 抑え(1回) 

だけどレイズがいま行っているのが:

オープナー(1~2回) → 先発投手(5~6回) → 中継ぎ(1~2回) → 抑え(1回)

レイズはこれを中継ぎ・抑え投手として有名なセルジオ・ロモを使って今季初めてやりました。ちなみにですがロモはプロ生活において一度も先発を経験していません。

知らない人のために書いておきますが、ロモは数年前の日本対メキシコの親善試合のメキシコの選手として来日しています。ちなみに中村晃にホームランを打たれています。

 

2.なぜ先発投手を使わない?

ロモをオープナーとして使った理由はいたってシンプルです。

  • 対戦相手のエンゼルスは上位打線(当時は1番キンズラー/コザート・2番トラウト・3番アップトン)を右打者で固める傾向があるのですが、ロモは滅法右打者に対して強いのです。
  • 上位の右打者は1試合において4回か5回は打順がまわってきます。その内の1回を確実に仕留めるためにロモを使ったわけです。

一見物凄く破天荒な戦法ですが、一部界隈では前々から提唱されてきた戦法です。例えば僕は2016年にアリゾナで開かれたセイバーメトリクスの学会に参加したのですが、その時にMLBネットワークのブライアン・ケニーは「次に起こりえる野球界の革命とは?」の問いに対してこのような事を言っています:

The full bullpen attack. Why have a starting pitcher? Well, because we used to have one. He was the starter, and the closer, and the finisher, and everything in between. Why do you start with a guy? Why in the National League do you let a guy pitch the first two innings and have him bat? Why not have an opener, have a guy pitch two innings, pinch-hit for him, then bring in your Adam Wainwright type and let him go from the third to the eighth? It’s just tradition, really.

 要約すると「先発投手が長いイニング投げると言うのはただの伝統だよね」みたいな事を言っています。ちなみにドジャースも最近これをやっています(ちょっとチーム事情が違いますが)。

 

3.反対意見

勿論このような投手リレー・投手ローテに反対している人は多数います。「伝統に反する!」みたいな意見は正直個人的にどうでも良いのですが、「球団が金を節約するためにやっている」と言う意見も出ています。確かにMLBの契約の中には「〇〇イニング投げたらプラス〇億ドル」というのがちらほらあります(例:前田健太)。なのでもしこの投手ローテの組み方が主流になった場合は選手の年俸についても考え直さないといけません(その前に先発とリリーフの年俸の格差を是正して欲しい所ですが)。MLB選手会は歴史的に見て色々発言してきているので、選手会が何とかしてくれる事を信じます。

 

4.おまけ

TBレイズはちなみにこんな事もやっています。ロモは8回に登板をし、対戦相手のヤンキース打線を無失点に抑えています。そのまま試合は1点リードの中9回に突入したのですが、先頭打者のバード(左)の所でロモはサードにまわりました。そして次の打者のアンドゥーハー(右)になると、ロモはマウンドに戻りました。「ロモを試合に残したいけど、左打者との対戦成績は良くないからとりあえずサードに置くわ」って考えです。ちなみにバードは超絶プルヒッターなので「サードのロモに打つ可能性は低いだろう」と言う考えも兼ねています。面白い発想ですね。

N.W.A.のメッセージについて

1.久しぶりの投稿

お久しぶりです。色々忙しかったのでブログ更新が滞りました。来週辺りにはMLBのTBレイズがやっている画期的な先発ローテについて書きたいと思います。

 

2.N.W.A.について

今回のブログ記事は1カ月ぐらい前から思っていたことについて書きます。読者の皆さんはN.W.A.と言うラップグループをご存知ですか?知らない方のために経歴を全て書くのがめんどくさいのでwikiリンクを張っておきますが、彼らは90年代辺りにヒップホップを通して米国における黒人に対する差別の現状を発信していたグループです。主に警察による差別を取り上げており、「警察なんてクソくらえ」のようなメッセージを発信していました。

このグループはとうの昔に解散しているのですが、その元メンバーIce Cubeがインスタグラムにこのような投稿をしました:

Straight Outta Comptonと言う曲の30周年を祝った投稿です。「N.W.A.と言ったらこれ!」みたいな曲です。最初は「ほえー、30周年なのか」と考えていましたが、ふと思いました。歴史的に大事なグループなので彼らの活躍は後の世代に受け継いでいくべきです。だけど30年経ったいま、警察による黒人に対する差別の実態は改善したのでしょうか?

 

3.差別は消えたのか?

僕は最近Uneasy Peace(Patrick Sharkey著)という本を読んでいます。近年の米国の都市部の犯罪率に着目した本です(まだ最初の2章しか読んでません)。そんな本書はCode of the Street(Elijah Anderson著)とOn the Run(Alice Goffman著)と言うエスノグラフィーを紹介します。前者は90年代のフィラデルフィアのゲットーに関する内容で、後者はその15年後に書かれたフィラデルフィアの別のエリアをカバーしたものです。この2つの作品を著者はこのように考察しています:

   The young men whom Anderson studied spent their days avoiding rivals and negotiating public space in the hopes of avoiding being victimized. Although the police were present in Code of the Street, which was written at a time when the national rate of incarceration was rising quickly, the various representatives of the criminal justice system - including parole officers, detectives, judges, prosecutors, and corrections officials - were not a constant presence in the lives of young black men.

   In Goffman's Philadelphia, the hierarchy of threat had shifted. Violence remained a central concern, as the young men whom she describes were entangled in local rivalries and were always at risk of lethal violence. But the threat posed by other groups of young men were sporadic, whereas the threat of a cop or a parole officer was constant. (Pg. 28-29)

訳すのがめんどくさいので本文を切り抜きました。簡単に説明すると、今の米国の都市部(一部除き)の犯罪率は歴史的に見て低い数値を叩き出しています。これは決して米国が安全である事を示唆している訳ではないです。ただ殺人が他人事ではなかった昔の米国に比べ、今の米国は圧倒的に安全です。ただその中、警察等の司法制度の魔の手の存在感が強くなっている、みたいな感じです。それをGoffmanがうまく描写しています。

米国の犯罪などを語る際は英語で言うNeighborhood Level Effectは無視できません。これについて詳しく知りたい方はSampsonが書いた本をお勧めします。

米国における黒人に対する差別の実態は多少改善したかと思われます。しかしまだまだです。例えばですが、ミズーリ州ファーガソン(ピンとくる人がいるかもしれませんが、Michael Brownが撃たれた場所です)では黒人に対する警察の差別的行為金銭的搾取(2つ目の記事は是非読んでほしいです)が記録されています。他にも例は沢山ありますが、とりあえず「状況は良くなったけど、まだまだ足りない」と言うのが僕の考えです。ちなみにこのテーマに関する学術的視点が欲しい方はこちらの論文をお勧めします。

なのでN.W.A.の功績や音楽を祝うのは良いですが、彼らが訴えていたメッセージを忘却してはいけません。なのでぶっちゃけると、何も考えずにヒップホップを聴いている人を見ていると少し嫌気がさします。最悪なのは黒人を侮蔑する単語を使う人です。反吐が出るレベルです。「これは個人的な意見です」と書きたいところですが、こればかりはちょっと許せません。

数週間前にThis is Americaが出ましたが、この時も同じ事を感じていました。音楽はエンタメでもあり芸術でもあるので、それを楽しむ精神は尊重します。だけど同時にメッセージと現実を照らし合わせて欲しいです。

もし反論があれば、いつでも受け付けます。

 

補足:Goffmanの本について

一応補足としてGoffmanの本について書きます。この本は非常に読みやすく、米国における警察と黒人コミュニティーの関係性が分かりやすく描写されています。個人的には違和感ある内容ではありませんでした。ただ皆が皆そう思っている訳ではなく、色々批判はあります。以下は主な批判です。時間があればどうぞ。2つ目と3つ目がお勧めです。

The Trials of Alice Goffman - The New York Times

Ethics On The Run - New Rambler Review

Alice Goffman's Implausible Ethnography - The Chronice of Higher Education

Book Review - Victor M. Rios 

村田修一の戦力としての価値

1.村田修一、今季限りの引退を発表

巨人から戦力外通告を受け、BCリーグ栃木ゴールデンブレーブスからのプロ野球復帰を目指していた村田修一が今季限りの引退を発表しました。NPB球団から7月31日の契約期限までに声がかからず、けじめとして今季限りの引退を決意したようです。

1軍の枠や金銭面などを考慮した上での12球団の判断かと思いますが、おそらく村田の「戦力としての価値」が一番大きな要因かと思います。では、選手の「戦力としての価値」はどのように測れば良いのでしょうか?このブログ記事では村田に焦点を当てつつ、戦力としての価値の測り方について少し触れます。野球を知っている方であれば今回の内容は当たり前のように感じるかもしれませんが、いざ分析する時にみんな忘れがちな視点を紹介していきます。これは全て持論ですので、異議があればコメントをください。

ちなみにデルタも今年初旬に村田の特集記事を書いており、若干内容が被っていますが面白いので是非。

f:id:chofu24:20180803050611j:plain

 

2.村田修一の戦力としての価値は?

2014年から2017年の打撃成績を出発点にしたいと思います。プロ野球中継がよく紹介しているデータを引っ張ってきました。

今回は主に2016年の成績に注目します。ぱっと見2016年の成績は他の3年間と比べ優れているように見えます。そうなると2017年の成績がいまいちでも、2016年並みの活躍をする事に賭けても良いかもしれません。しかしこの考え方には2つの落とし穴があります。

f:id:chofu24:20180803051924p:plain

(図1:データはNPBとデルタより)

落とし穴①:守備

野球というスポーツをやるからには野手は守備につかないといけません。とてもシンプルな考え方です。そうなると必然的に村田の守備に関する数字を考慮しなければいけません。

f:id:chofu24:20180803053150j:plain

(かの有名なサボテンダーサード)

近年のデータを見る限りですと、村田の守備は「マイナス」の一言に限ります。最近浸透しつつあるUZRの指標を見ますと、3年連続でマイナスです。マイナスの守備を補えるほどの打撃を村田から期待出来るのでしょうか?UZRの解説は省きますので、気になる方はこちらを読んでください。

少し視点を変えましょう。レギュラーとしてではなく、「代打専門、もしくは指名打者として獲得すれば良いのでは?」と思えば良いのかもしれません。守備に就く機会が少なければ守備から生まれるリスクを抑える事が出来ます。そうなると村田の打撃をより深く分析し、代打要員・指名打者として獲得する価値があるかどうかを考える必要性が出てきます。

落とし穴②:打撃の平均的なパフォーマンス

今回のブログ記事で協調したいのはこのポイントです:2016年はたまたま調子が良かっただけ。この点を分かりやすく説明するために、今回はISOと言う指標を例として使います。ISOは簡単に言うと長打力を示した指標であり、メジャー基準だとISOの平均値は0.140だと言われています。なので下の図2から読み取れるように、村田の2016年の0.202はかなり優れている数字である事が分かります。ですが2017年のISOは2014年・2015年水準の数字に戻っています。この変化をどのように捉えれば良いのでしょうか?

f:id:chofu24:20180804081110p:plain

(図2:データはデルタより)

村田が何かのきっかけを掴み、本当に復活したのであれば2017年は2016年と似たような数字を出せたでしょう。しかしそうではないので、これは「平均への回帰」と見るべきです。私は統計そこまで得意ではないので上手く説明出来るか分かりませんが、1回のケースで極端な結果が出ても、ケースを繰り返せば本来あるべき数値(平均値)に戻ると理解して頂けたら今回は十分かと思います。例えば定期試験でたまたま高得点がとれても、次回のテストでは本来獲るべきだった点数に回帰します。このブログがうまく説明していると思うので、僕の説明に嫌気が差した方はそちらを参照してください。

今回の単位は「各年度のシーズン」でサンプル数は少ないので特殊なケースではありますが、2016年の成績は「たまたま」平均から逸脱してしまった成績であると解釈出来ます(野球の実力は年齢曲線を辿るので平均値は毎年変わりますが、今回はスルーします)。それで2017年は平均へ回帰をした。

図3は私が作り上げた仮選手Aの年度別ISOをグラフで表したものです。2014年~2016年まで0.145辺りを推移していたISOは2017年に0.162と言う極端に平均から外れた数字を叩き出しています。これは実力によるもの?それとも偶然の産物?もし後者であれば、仮選手Aの2018年のISOは2014年~2016年のような数字に戻る(回帰)するはずです。野球以外のスポーツだと、レスターのプレミア優勝が分かりやすい例かと思います。

f:id:chofu24:20180804205800p:plain

(図3)

この現象は極端に良い成績を出したケースに限らず、成績が下がったケースにも当てはまります。例えばメジャーリーグハンリー・ラミレスパブロ・サンドバルは2015年を境に成績が急降下します。本当に能力が劣化したのか、それとも偶然起きた事なのでしょうか?ラミレスは2016年にプチ復活をしていますが、サンドバルは間違いなく後者のケースです。

村田のプロ入り後のISOを全て折れ線グラフにプロットすると図4のようになります。こう見ると村田の魅力でもある長打力は2008年をピークに下降線を辿っている事が分かります(プロ野球選手の平均以上は保っています)。図5から分かるようにISOは歳を重ねるごとに下がる傾向にあるので、村田の長打力は今後もっと下がると見た方が良いでしょう。

f:id:chofu24:20180803223535p:plain

(図4:データはデルタより)

f:id:chofu24:20180803062944j:plain

(図5:Fangraphsより)

村田の長打力はピークを既に過ぎており、2016年のような成績は出ないと考えた方が良いでしょう。長打力は一応平均以上の数字を保っていますが、守備の事を考慮しますとスタメンとして使えません。なので獲得するのであれば、ベンチ入りメンバーの打撃水準が低いチーム(例:代打要員がいない)かと思います。次の章で紹介するwRC+と照らし合わせますと、オリックスが村田を獲るべきだったと個人的に思っています(小谷野の代わりとして)。

 

3.従来の指標からの脱却

今回は村田の戦力としての分析をしてきましたが、印象論に頼らないエビデンスに基づいた分析がプロ・アマ問わず今後の野球界に必要となってきます。そして従来の指標(特に打率)は一選手の「真の能力」を謝って測る事が多いので、これらから脱却していく必要もあります。理由は色々ありますが、打率や打点などは他者にかなり依存した指標であるからです。

打点が一番分かりやすい例かと思います。いくら優れている打者でもランナーが塁にいなければ、打点を挙げる機会は本塁打に限定されてしまいます。逆に平均以下の打者でも、ランナーが3塁にいれば内野ゴロで打点はいくらでも稼げます。同様に打率は相手の守備に依存し、先発投手の勝ち星は味方打者の援護に依存します。このように従来の指標はノイズがかなり混ざっているのです。実際の試合だとむしろノイズをうまく利用して采配をすべきですが、オフシーズンの戦力補強はノイズを取り除いて選手を評価していくべきです。2016年にあった運が2017年にもあるとは限りませんので。

せっかくなので球場補正についても少し話します。一般的にはパークファクターと呼ばれており、 デルタはこのように説明しています:

球場の特性がプレーに与える影響、あるいはそれを特定の側面について数値化したもの。異なる環境下でプレーする選手同士を比較する際に成績を補正する目的等で使用される。得点のパークファクターが1.10であれば、その球場は同じリーグの平均的な球場に比べて1.1倍得点が記録されやすい打者(攻撃側)に有利な球場ということになる。

要するに球場によって生まれるノイズを取り除こうとする試みです(例:ホームランテラス導入前後の福岡ドーム)。そのパークファクターを考慮したwRC+という指標で見た村田修一は図6になります。wRC+の詳しい説明は割愛します、とりあえず平均的な打者は100だと考えてください。そうなると近年の村田は平均的な打者より少し打てる打者になります。

f:id:chofu24:20180803223600p:plain

(図6:データはデルタより)

一選手の戦力としての価値は100%正確には測れません。神のみぞ知る選手の真の能力(パワプロでいうS~G査定)があっても、その能力通りに毎年プレーする訳ではありません。なので当然ですが、一選手の各年度の成績は毎年同じではありません。その変動の原因には運、他選手のパフォーマンス、球場による影響などが関わってきます。そしてその中には純粋な選手としての成長と衰退もあります。このような考え方は村田の戦力としての分析には欠かせない枠組みです。

ちなみにですが、デルタの記事にも書いてあるようにもっと正確に比べたいなら村田を一塁手三塁手と比べる必要があります。これと言ったデータは手元にないのですが、私の経験上打撃に長けている選手が一塁手三塁手として起用されるケースが多いためです(一種の選択バイアス)。もしくは何かしらのウェイトを作る必要があります。

 

4.最後に

成績と関連がありそうな因子を全て把握出来ればまだ良いのですが、データとして観測されていない、そして観測が難しい因子もあります(例:モチベーション)。しかし出来る範囲内で選手を分析していくのが本来のフロント作業であるべきだと考えています。なので12球団のフロントが一体何を考えて、村田獲得を見送ったのか気になる所であります。

以上です。村田選手、残り試合も頑張ってください。