読んだ本リスト

個人の記録のために、今年読んだ本を記録します。作った経緯は以下の通りです:

  • 英語の本だとGood Readsがある。だけど日本語の本を記録できるようなサイトがない
  • 読んだ本を通して、会話のタネになればと(なので公開)

 

リスト 2020年

日付 タイトル 著者
1/05
背信の科学者たち - 論文捏造はなぜ繰り返されるのか?
イリアム・ブロード、ニコラス・ウェイド
1/13
研究不正 - 科学者の捏造、改竄、盗用
黒木 登志夫
2/03
Demography: A Very Short Introduction
Sarah Harper
2/24
新・日本の階級社会
橋本健二
4/08
会社員のための「使える」労働法
今野晴貴
4/09
Writing for Social Scientists
Howard S. Becker
4/19
今野晴貴
5/05
奴隷のしつけ方
ジェリー・トナー
5/11
Stuck in Place: Urban Neighborhoods and the End of Progress Toward Racial Equality
Patrick Sharkey
7/05
格差社会ニッポンで働くということ
熊沢誠
7/12
「学力」の経済学
中室牧子
8/10
Bit by Bit: Social Research in the Digital Age
Matthew J. Salganik
8/22
「大学改革」という病
山口裕之
9/5
搾取される研究者たち
山田剛志
9/27
世界一わかりやすい 「医療政策」の教科書
津川友介
10/11
Society of Captives
Gresham M. Sykes
10/25
人新世の「資本論
斎藤幸平
11/08
水道、再び公営化!
岸本聡子
11/08
Economics for the Many
John McDonnell

リスト 2021年

日付 タイトル 著者
01/08
教育格差
松岡亮二
01/17
Good Economics for Hard Times
Abhijit V. Banerjee, Esther Duflo
03/28
コロナ後の教育へ
苅谷剛彦